根無し草日記@横浜都筑区

全国転勤族の世帯主、転勤族の妻、子のさんにんぐらし
転勤族ママのお出かけ・イベント in 横浜「てんママ」の情報や 転勤族ならではの話も。 はてなブログから引っ越ししたので、ゆっくり整えていきます。

文房具

買っちゃいました、フランクリン・プランナー! イエ〜イ!

と言ってもリフィルとアップルグリーン色のバインダー(コンパクトサイズ)。



3日坊主になりませんように。

それから微熱をおしてヘアサロンへ。前髪をつくってもらいたいだけだったのと、熱があったのでいつもの表参道のビュートリアムは諦めて、地元でたまたまチラシをもらった大手チェーン店に行く。

そこでの美容師の話が本当にまずかった!なんでも美容師さんも空いた時間にチラシを配り、(チラシには誰が配ったのかが分かるようになっていて)月に30人の新規顧客を集めなければいけないらしいのですが。

アシスタントの子を指して「彼は先月3人しか新規顧客を集められなくて、今月30人をこえないとクビなんだよねー」(←そんな内部事情を話す神経を疑う)とかアタシの髪の毛を「癖があって難しいねー」とか。(←いやいや、あなたお金取ってるプロでしょうに?)

しかも後で話しを聞くと、私は普通ランクの人を希望したんだけど、全員お客さん対応中で、代わりに料金ランクが一番上のトップスタイリストだったらしい。トップがこれですか?それなら多少技術が未熟でも一生懸命やってくれる人の方が良かったな。

もう2度と行きません。直してあげたいとも思わないので無言で去ります。自分の仕事でもそうですが、やっぱり文句を言ってくれるお客さんの方がいいですね。本当に呆れるとお客さんはなにも言ってはくれず、そして本人も気付きませんから。

あ、そしてアシスタントの女の子!たしかに顧客カードに32歳って書いたけど、それを見たからなのか、だからって雑誌「VERY」を置くのはやめてね。

 ・幸せなファミリーに似合う“私の”服

 ・幸せなママは絶対素敵なデニムスタイルを持っている

とか、喧嘩売ってるのなら喜んで買いましてよ。おほほほほ〜(笑)っつーか私は「Oggi」なの! もう、よろしく頼むよ!テーマは

 ・寒くてもスカート、痛くてもヒール、無理していきましょう!

なのです。ナチュラルなんて絶対に嫌。(昔はナチュラル派でしたが)ってゆーか、表参道に切りに行く時はメイクも気合い入れまくりだけど、地元で気が抜けてたからやっぱりそれなりに見えてしまったのかしら?ちょっとショックだわ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ものすごく久しぶりにきちんと休みがとれたので、銀座伊東屋へ行きました。
濱野のバッグが届いたから物欲はおさまったかのように思えたが、やっぱり勘違い。
システム手帳を探しに、街に繰り出しました!

年末に超整理手帳フランクリン・プランナーなど、ちょっと、いやかなりマニアックなものを一通り見て、結局はクオバディスに落ち着いたものの!

しか〜し!

わたくし、先週書店で買ってしまいました。
GMO熊谷さんの本、「一冊の手帳で夢は必ずかなう」
一冊の手帳で夢は必ずかなう なりたい自分になるシンプルな方法( 著者: 熊谷正寿 | 出版社: ...
そしてシステム手帳が欲しくなったのです。(単純〜!影響受けすぎ!)

新宿ロフト(もちろん雑貨の方です)、伊勢丹伊東屋とまわるうち、やっぱり綴じノート派の私はシステム手帳派にはなれないと判断、手ぶらで帰宅しました。システム手帳のリフィルは、入れ替えができることが魅力ですが、綴じられていないことに不安を感じるのです。なくしそうだし。きっとシステム手帳を使いこなしている人はこんな心配はなくちゃんと使っているんだろうな。
仕事では日常業務はA5の綴じノートを使っているので、ノートカバーも探してみました。
ソメスサドル社かスリップオン。こちらは希望の色がなくて断念。でももしいい色があっても、業務日誌に加えてスケジュールも携帯したいので、クオバディスにかわるようなお気に入りでなくては。

もし道をはずしてシステム手帳を買ってしまったらまたここでご報告します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンスタンドの写真を撮り直してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

倉田裕之/建築・計画事務所さんのマルゲリータ ペンスタンド PS-01!買いましたっ!素敵に見えないかもしれないのは、本当に仕事で使うものを入れているのと、机が雑だからで〜す!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、会社のメンバーの一人が退社した。彼はフォトショップイラストレーター、いわゆるデジタルものが得意な人で、退社の日に私専用の名刺データを作ってもらった。確かに便利で色調整も簡単なんだけど、なんだか違う。

来年のうちの仕事始めが6日という遅いスタートということもあり、前々から気になっていた嘉瑞工房さんに電話をしてみた。どうしても活版印刷で名刺を作ってもらいたいのだ。5日から営業されているとのこと。5日に行くことにしました。活版印刷がどんな感じかは乙女活版さんのトップページへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ