子どもがいると思い通りにならないことって多いですよね。

私、産むまで知りませんでしたよ。
子どもって出かけようと思ったら盛大にぐずる、大事な用事がある日に限って熱を出す、お昼寝してほしい時に限って寝てくれない、そして出掛けたい時に限ってぐっすりスヤスヤ夢の中…!
離乳食が始まったと思ったら、ちょっと前まで気に入って食べていた食材を今日はまったく受け付けない、遊び食べし始めたから散歩で気分転換させてまた食べさせて、気がついたら30分経ってたとか。

子育てって大人の思うようにはなりませんよね。
子どもに規則正しい生活を身に着けてもらおうと、保育園の一日スケジュールを参考に、手帳にお昼寝やごはん、散歩の予定を書き込んだところで絵に描いた餅。機嫌が悪い時は抱っこ抱っこで一日終わる日も。育児本通りにいくことの方が少ないんじゃないかな?
そんな中でも自分主導で生活リズムを守った方が、家族仲良く、やりたいことも出来ると思います。

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月〜15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

何となく過ごせば何となくの人生に。締める部分とゆるめる部分を決める。

子どもの体調や生活リズムを最重視しながら、自分を含む家族を一番大切にしています。
基本的にオンラインのGoogleカレンダーを使っていますが、日曜日には一週間のスケジュールを手書きで書き出していきます。

意外とある用事の数々。子どもの通院、外部の方とのアポ(サークルの場所予約、区役所の方との打合せなど)など外に出る用事、育児と仕事の勉強(谷あゆみ先生のプレシャスマミー講座、建築の勉強)、離乳食の献立決めと離乳食づくり、買い物、サークルの書類作成、メールやLINEの返信…など。
その後に空き枠があればお楽しみの予定を入れていきます。

どんなに楽しそうなイベントがあろうとも、「この日は出掛けない(子どもとのお散歩は除く)。○○やる日だから!」と予定を決めた日は動かしません。
【子どもの体調や生活リズムを最重視】、いまは自分のことは後の期間だと思っています。


100人のママがいれば100通りの正解がある。自分で決め、自分も他人も認める、比べない、羨まない


自分に自信を持って、正しいと思ったことを貫くこと。本当に重要だと思います。
専業主婦も兼業主婦も、どちらもがんばってる。
意思を持って自分で決めていれば、違う生活スタイルの人に意見されても気にならないしぶれません。


育児に追われて社会から置いてきぼりになると焦ってる人、いませんか?


転勤族って仕事につきにくいですよね。親に頼れない、一時預かりは競争率が高い(預けられる園はお金が高い)、預けてまで働いてもトントン…。子どもと二人で密室育児、いつまで続くの?社会に取り残されている気がする…。

そんなあなたにこの言葉を贈ります。

大丈夫、世の中そんなに進んでない!