根無し草日記@横浜都筑区

根無し草日記@横浜都筑区

全国転勤族の世帯主、転勤族の妻、子のさんにんぐらし
転勤族ママのお出かけ・イベント in 横浜「てんママ」の情報や 転勤族ならではの話も。 はてなブログから引っ越ししたので、ゆっくり整えていきます。

モンブランのマイスターシュテュックのボールペンです。
なんと頂きもの。
私にはちょっと贅沢すぎる気もしますが、
なにせ書きやすい。
この筆記具に追いつくように
字を綺麗に書けるようにしたいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加

○決定しているもの[手帳]

仕事+プライベートでフランクリンプランナーのオリジナル・デイリー・リフィル(1日/2ページ)
これを使用する理由は、コヴィー博士の7つの習慣を実践しているから!というわけではなく、単純にバイブルサイズより横幅があり、この使いやすさに慣れて他のものは使えなくなってしまったため。

△試してみるもの[手帳?]

高橋書店のNo.40 ポケット家計簿
(新製品のためか、まだHPには載っていません)

今年からの新製品です。家計簿と日記が一緒になっています。一人暮らしの女子が家計簿…飲み会終わって「えぇ〜っと、いくら使ったかってメモしなきゃ忘れるぅ!」はあまりにセコい!セコすぎる!!
でも仕事で疲れた私には買い物は一番の発散。そのバランスをとるためにこれを買ってみました。
でも家計簿と仕事の記述を一冊にするわけにもいかず、家計簿単体として活躍が期待されます。
が、家計簿、1ヶ月続けられたことがありません…。
1円でも合わないともうイラ〜ッとしてヤル気が…
そんな私はぷち完璧主義者です。(銀行員の方には計算合って当たり前!とツッコまれそうですね)

△試してみるもの[日記]

ミドリ トラベラーズノートの「日記リフィル

ミドリは小学生の頃、女子はみんな持っていた(であろう)みんな大好き、ファンシー文具のメーカーです。最近また元気。少しクリーム色の紙が好みです。このリフィルは2ヶ月分の日付があらかじめ印刷されています。薄いし、これからもこのシリーズを頑張って出してくれそうなので期待を込めて、今年の日記に採用。

?迷っているもの[仕事専用手帳]

今年の能率手帳ラインナップ。

どうした能率手帳よ、なぜ赤を廃止して、緑(抹茶色)と橙(柿色)なんだ?
表紙の色は百歩譲るとして、小口の色までお揃いでちょっと気持ち悪いと思うのは私だけでしょうか。赤を廃止にするより紺を廃止すりゃいいやん、黒と似たようなもんだし。と思うけど、やはり女性より男性ユーザーの方が多いのでしょうね。

小口がゴールドなのは、皮革製だけ。併用派には高い。うーん、悩む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイタイドの革表紙ノートを購入しました。

HPによると、革のカラーは3色で、

ブラック・ブラウン・ナチュラル。

横罫と方眼、無地がありますが、私は方眼を選びました。

MOLESKINEより横幅は広く、ブラウンはやわらかい印象です。

経年変化する革ではないと思うのですが、

ハイタイドのデザインは気に入っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ねこJさんの「手帳とカバンのホームペーヂ」のこの記事を読んで、

ずっと欲しいとおもっていたブックプレート、

とうとう手に入れることができました。

シンプルな2色使いと素敵なカラー、

伊東屋の2階で、どれを買おうか30分も迷ってしまい…

結局2色使いを2種類購入しました。

購入したばかりで、これから貼る予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

倉田裕之/建築・計画事務所さんのマルゲリータ

ペンスタンドのショート(PS-02)です。

長さ60cmのペンスタンド(PS-01)も所有しているのですが、

このショートは「忙しくなった時セット」を入れて

活躍してくれています。

仕事が本格的に忙しくなった時、このショートに

一番使う文房具を移動させてすぐ取れるようにしています。

(そんな時は赤ペン、蛍光ペン、電卓、三角スケールになります)

このペンスタンドショート、机の上でなんだかしっくりくる・・・

と思っていたのですが、A4サイズの長辺方向と同じ長さなのです。

そして仕事で使用しているコクヨのA5ノートより少し長い。

この「なんだかしっくり」という感覚が、

机の前を心地良いものにしてくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひさびさの更新です。
帰国してからペリカン万年筆M400 シェルホワイトを購入しました。
クリーム色のキャップと茶色の濃淡縞が楽しく、書くことをわくわくとしたものにさせてくれます。
いま、毎日使っている万年筆です。
自分にとって、初めての金ペンでもあるので、大切に育てていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰国してアッという間に1週間経ってしまいました。

もう瀋陽が懐かしく、戻りたいな〜と思ったりします。

♪瀋陽と中国人のいいところ、見習いたいところ:

・ 情に厚い、義理堅い(空港での見送りには感激!!)

・ 人懐っこい。(大阪っぽい。飲食店でもデパートでも

  気になることがあれば、知らない人でも話しかける)

・ 言いたいことを言う。

 (服が似合うかどうか、日本人だと曖昧に言うところを、

  「すごくいい!」「全然似合わない!」とはっきり言う。

  最初はびっくりしたけど、慣れるとすごく楽。

  付き合いやすい。)

・女友達同士で手を繋いだり、腕を組んだりして歩く。

・ 声がでかい、よく喋る。

♪びっくりしたところ!:

・ デパートに食べ物持込可能!食べながら洋服を見る、全然OK!

・ デパートの靴売り場の椅子。日本では試着のための椅子ですが、

  中国のデパートでは休憩のための椅子。

・ バスの中や公共の場でも携帯鳴りまくり。

・ 中国語の発音に非常に厳しい。(だって初心者なんだもん・・・)

・ お風呂にあまり入らない人がいる。

---

最後に。瀋陽ブログを書くにあたって、メールでいろいろお話を伺った

あっぴーさんに感謝。

また瀋陽には旅行で行きたいな〜と思っています。

そのときはまた新しい記事を書くと思います!

そのときまで。再見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

無事、帰国いたしました〜。

中国の空港ごとく、会社の人が

迎えに来てくれるという〜!感激っ!

73b07b71.jpg

成田の入国審査のカウンターで「成田に着いたよ」と

メールしたところ「?」の返信。

マジ?マジ? 期待してたのにギャグかよ!とムカッ。

成田エクスプレスの切符売り場に猛ダッシュする私。

ec8831bd.jpg

すたすたすた・・・!

7926a2b8.jpg

なーんだ! ちゃんと迎えに来てくれていました〜!

(びっくりさせたかったらしい!)

日本では3人もお迎えに来てくれました。

ちなみに瀋陽では見送りに14人(!)もの

社長さん・スタッフが来てくれ、感激しました。

瀋陽人は義理堅い・気持ちの熱い人が多いようです。

こんな瀋陽にまた行きたいな〜と思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ